歯周病になり、口臭が気になった体験

はじめまして、エンジニアをしている31歳の女性です。

私は一年ほど前に、歯周病になり、自分でも分かるくらい口臭が気になる時期がありました。

実は、原因はハッキリしています。
当時付き合っていた男性が恐らく歯周病で、口臭がとてもキツかったのです。
近くで話をしたりキスをしたりするときにとても臭いが気になりましたが、口臭に対して指摘をするのはとてもナイーブなことだと思ったので、私は彼には言わずにいました。

ところがある日、自分の口から彼の口と同じ臭いがしているような気がし始めたのです。
自分の口臭は自分では分かりにくいので、その時は「気のせいかも」と思いましたが、それが確信に変わった瞬間がありました。
歯を磨くと出血し、歯茎がじくじくするようになり始めたのです。
ネットで調べると、間違いなく歯周病の症状でした。

彼は作業系の仕事をしているので、あまり多くの人と接することは無かったようですが、私の仕事はお客様や周りのエンジニアたちと顔を付き合わせて議論をする場面が多くあります。
私が彼の口臭が気になると思っていたのと同じように、周りの人たちも私の口臭が気になっているのではないかと思うと、気が気ではありませんでした。

私はそこから対策を取りました。
まず、歯医者さんに行って、歯周病の検査と、歯のクリーニングをしてもらいました。
幸い、私の歯周病は軽度のもので、この段階ならまだ何とかなると言われました。

毎日のケアとしては、夕食後の歯磨き時に、糸ようじで歯の間の歯垢を取るようにしました。
最初の方はかなり血が出ましたが、この血は出した方が良い血だということを歯医者さんで聞いたので、そう思って続けました。
しばらく続けるうちに、歯磨きや糸ようじをしても出血しなくなり、歯茎のじくじくもおさまってきました。

また、私が効果があったと思ったのはリステリンでのうがいです。

ちょっとお菓子をつまんだ後や、なんとなく自分の口が臭っているのではないかと気になったときに、トイレに行くついでにリステリンでのうがいをするようにしました。
すると口の中もスッキリしますし、自分でも口臭が気にならなくなります。

これらのことを習慣にすることによって、見事私の歯周病と口臭は治りました。
本当に安心しました。

まさか歯周病を彼氏からうつされてしまうなんて考えたことがなかったのでとっても驚きましたが…自分のパートナーの口臭が気になる方は、私と同じ想いをしないようにお気をつけくださいね。